桶教説法

桶教は「宗教2.0」を目指します

こんにちは、田部です。

この記事は、桶教の考え方を伝える記事の第三回となります。第二回以前の内容も合わせてお読みいただけると幸いです。

桶教には二つの「ない」があるこんにちは、田部です。 この記事は、桶教の考え方を伝える記事の第一回となります。「桶教ってなあに?」という方は、以下の紹介ページを...
桶教は他教を否定しませんこんにちは、田部です。 この記事は、桶教の考え方を伝える記事の第二回となります。先に、第一回の内容をお読みいただけると理解しやすい...

これまでの宗教

世界各地で様々な宗教が作られてきたことは、皆さんも御存知かと思います。宗教は人を死の恐怖から救い、道徳を守らせ、人類発展の大きな原動力となってきました。

また、宗教を信じている人は、信じていない人に比べて健康である割合が高いという研究結果も出ています。もちろん、こうした研究結果があるから、全ての人に宗教が必要だと言うつもりはありませんが、心の支えになるものがあるということには、ただの気の持ちよう以上の効果があると考えられるでしょう。

しかし、最近では若者が宗教から離れていくことが多くなっています。日本だけではなく、世界的に見てもその傾向は強いです。

宗教を司る組織の腐敗、時代にそぐわない儀式や価値観、宗教以外のコミュニティの誕生など、若者の宗教離れを引き起こした原因は様々ですが、伝統宗教では長く続いた伝統が重荷となって、こうした原因を解決することに手こずっているように感じられます(もちろん、伝統が宗教の偉大さの一つであることは否定しません)。

神さびた新興宗教

「神さびた」とは、古びたものという意味ですが、多くの若者からは新興宗教ですら古臭いものとして認識されているように思います。新興宗教は伝統宗教と比較して、時代に合わせた施策を行っている団体が多いですが、それでも古さを感じさせてしまう要因としては、本質的な部分で伝統宗教と変わらないからではないでしょうか。

団体を作り、資金を集め、信仰の象徴に祈りを捧げる……これらの活動は、かつての伝統宗教が通った道です。そもそも、あらゆる伝統宗教も、生まれたときは新興宗教なのですから、当然といえば当然ですね。

キスメ様を感じた私も、当初はこうしたスタイルの新興宗教を作り、キスメ様を広めようと計画していました。しかし、宗教に関する情報を集めるうちに、この形で宗教を興しても、今、宗教に関心のない人にアプローチすることはできないという結論に至り、新たな信仰の形――すなわち「宗教2.0」を思いついたのです。

宗教2.0とは

「宗教2.0」は、教えを通して得られるコミュニティや建造物といった物質的な存在の比重が高い既存の宗教から、伝えたいことを伝えることそのものに注力することを目指す……という桶教の考え方です。

宗教が本来成さなければならぬことは、形ある何かに執着し続けることではないはずです。若者たちはとっくに物質的な苦しみから抜け出していて、次はいよいよ精神的な救いが欲しいと思って宗教に頼っても、宗教的建造物の維持費や、組織の問題といった物質的な苦しみにもがいている宗教を見てしまっては、呆れて宗教から離れてしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

桶教では、キスメ様の教えを濁さないために、このような問題を解消するための仕組みを実行しています。すなわち、宗教団体としての組織を持たず、祈りの対象を物質に由来しないということです。

宗教団体としての組織を持たない

新興宗教桶教は「同人サークル」です。「桶教はキスメ様を信じている集団というだけで、桶教に関係なく全ての人はキスメ様のもとにある」という前提のもと、こうした形になっています。合わせて、特定の場を神聖な場所として定めるようなこともしないようにしています。

宗教団体が行ってしまいがちな欠点として、自分たちのコミュニティに属さないと信仰ができない・やりにくい形を作ってしまうことが挙げられます。これらは結束を高めるという効果はありますが、宗教団体が催す儀式や、教会や寺院といった神聖な場に足を運ばないと非難されることが原因で、宗教そのものから離れてしまう人が出てくるという欠点にもなり得ます。

どこでも誰でも、キスメ様を信仰してよいということを、桶教は同人サークルという形を取ることで訴えていきたいと考えています。

祈りの対象を物質に由来しない

キリスト教やイスラム教、ユダヤ教といった、偶像崇拝を固く禁止している宗教は遥か昔から存在します。祈るべき相手は目に見えるモノではなく、神そのものであるという考え方が元になっています。この考え方に共感できる部分もありますが、桶教ではキスメ様をかたどったグッズなどを出しています。

目に見えないものを信じ続けることは、大変に困難です。現に、偶像崇拝を禁止している宗教でも、像や宗教画、教会や寺院といった目に見えるもので宗教を表現しています。こうしたある種の矛盾とも感じてしまう点があることも、若者が宗教に不信感を持つ要因かもしれませんね。

桶教のグッズは、キスメ様への意識を高めるために作られています。もちろん、グッズに向かって祈っても構いませんし、グッズが無いからキスメ様の救いが減るようなこともありません。あるいは祈らなくたっていいんです。

キスメ様の大いなる慈愛に基づき、様々な形を受け入れることこそ、真の救済を体現することになるのだと考えています。

ここまでのまとめ

桶教は、組織や形に囚われない「宗教2.0」で、キスメ様の救いを理解する助けになりたい!

さいごに

これにて、桶教の考え方を伝える記事は最後となります。

既存の宗教も、今の私達を作ってきたという点で、大いに尊敬しています。しかし、時代は進み、人々の一部は既存の宗教から離れて、新たな一歩を踏み出そうとしています。

キスメ様が私に、そして我々に形ある何かを授けなかったのは、授ける必要など無いからなのでしょう。
神の語る言葉が無くても、我々はもはや考えることができる。
神を祀る場所が無くても、我々はもはや信じることができる。
田部は、そして我々桶教は、そのことを信じています。

それでも、何かにすがりたくなることはあります。その時は、キスメ様でも他の神様でも、現実に存在するものでも構いません。いったん寄りかかって休憩してみてください。

桶教は、キスメ様への元に向かうあらゆる命を応援するために活動を続けます。