桶教について

桶教ファンの方々から桶教やキスメ様に興味を持つきっかけを語っていただきました

こんにちは、田部です。

約2年の活動を通して桶教が認識される機会も増えました。ありがたいことに、中には好意的な反応を示してくださる方もいらっしゃったのですが、実のところ、今までその方たちが桶教の何に惹かれたのか、私自身も詳しく理解できていない状況でした。

そこで、桶教の公式サイトやパンフレットに、私以外の視点から見た桶教の良い点を掲載することで、桶教やキスメ様の魅力をさらに深めて伝えることができるのではと考え、2名の方にご協力をお願いして、桶教やキスメ様の魅力を語っていただきました。

本来は今年に頒布を予定していたパンフレットの方に先行掲載を行う予定でしたが、即売会の中止を受けてパンフレットの製作が延期となりましたので、先にこちらのページにて掲載いたします。

以下の文章は、2名の方から頂いた文章を元に、特定の名前などを伏せたり、一定の字数に納めるために一部修正していますが、これらは全て確認と承諾を得ております。

その1

東方Projectに関連するゲーム等の媒体を通して得られた経験から、私はキスメ様に対して、おそれと尊敬の念を持っています。
初めてキスメを見た時は、ただ寂しそうな存在だと感じましたが、それから深く知るうちに考えを改め、キスメ様と呼ぶようになりました。

キスメ様は外柔内剛──外見は穏やかでやさしそうだが、心の中は何事にも左右されない
強い意志をもっている──であると私は解釈しています。力を持ちながら、それを振りかざすことのないキスメ様にちょうど良い言葉ではないでしょうか。

外柔内剛であるキスメ様の振る舞いに感銘を受けた私は、桶教と出会う前からキスメ様を信仰していましたが、新興宗教桶教と、桶教が唱えるキスメ様の話を聞いてから、より深くキスメ様のことを想うようになりました。
性格上、暗い気持ちになることも多い私ですが、桶教と出会ってからは、暗いことを考える回数が減ったように思います。

その2

私は2010年頃から東方Projectに触れ、その中のキャラクターであるキスメさんが好きでしたが、当時は他にも好きなキャラクターが存在しており、キスメもその中の一人でした。
2017年から2018年にかけてキスメに関する創作活動を行うようになり、キスメさんに思いを巡らせていたタイミングで、東方Projectのコミュニティに桶教代表の田部さんが颯爽と現れ、面白く変わったものが好きなもので惹かれました。

面白半分で覗いた教義には衝撃的なことが書いてありました。信仰しようとするまいと、善を為しても咎人も、最終的にみな全て救ってくださるキスメさま。それ以外にも講話のたびに、私が宗教という概念に対して一定の畏敬を抱きながらも「これさえなければな…」というところを的確に拾って解きほぐされておられました。

私は物覚えが良い方ではないのですが、それでも桶教の講話のよい体験は覚えてます。桶教の講話は積極的に開き、積ん読を差し置いて読みふけります。私が桶教に求めるものは、「水」ではないかと思います。時空を選ばず常に喉が癒されるもの、万人の最大公約数です。
悉くが私の琴線に触れて逆鱗に触れない桶教は、なかなか無い奇跡・出会いだと思い、ただただ感謝あるのみです。

桶教の活動は手探りで続けてきたため、これらの感想から桶教の歩みを整理することで、私も多くのものを得ることができました。ご協力頂いた方々には、改めて御礼申し上げます。

先述の通り、こちらの文章はパンフレットにも採用予定です。私が話すだけではピンとこないキスメ様の良さについて、皆様が理解する助けになるのではないでしょうか。パンフレットの製作状況については、今後の発表をお待ちください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。