「特務機関NERV防災アプリ」のサポーター制度に加入しました

こんにちは、田部です。

皆様は、「特務機関NERV防災アプリ」をご存じでしょうか。

特務機関NERV防災
特務機関NERV防災 特務機関NERV防災アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォ...

地震や津波、台風や噴火といった自然災害を素早く通知するために開発されたスマートフォンアプリです。

マイナビニュース
「特務機関NERV 防災アプリ」にサポーター制度、月額250円から ゲヒルンは9月1日、AndroidおよびiOS向けに提供している災害情報アプリ「特務機関NERV 防災」をアップデート。月額制のファンクラブ機能「サポーターズクラブ」を提供開始...

「特務機関NERV防災アプリ」は、9月からサポーター制度という形で有料プランを開設しており、私も今月の初めから、こちらのサポーター制度に加入しています。

桶教も過去に献血や募金などの活動を行い、こちらでご報告させていただいたことがありましたが、今回の行動もこうした活動の一環というわけです。

あわせて読みたい
桶教の社会貢献の一環として献血に参加しました こんにちは、田部です。 宗教活動の一環としてよく挙げられることの一つに、社会貢献があります。実際に宗教団体の多くが、学校や医療機関の設立や各種支援団体への寄付...
あわせて読みたい
JIM-NETのチョコ募金に寄付しました こんにちは、田部です。 このたび、JIM-NETの活動の一つである「チョコ募金」への寄付を行い、先日無事にチョコレートが届きましたので、報告いたします。 【JIM-NETと...

それでは、ここからは「特務機関NERV防災アプリ」の詳細や、サポーター制度に加入することにどのような意義があると考えているのかについてご紹介します。

特務機関NERVとは

特務機関NERVは、Twitter上で様々なニュースを発信するアカウントです。エヴァンゲリオンというアニメ作品の組織が元になっている名前ですが、版権元からの承諾を得て使用されています。

あわせて読みたい
「国内最速級の防災速報を」“特務機関NERV”防災アプリを世に出した石巻出身プログラマーの執念 災害情報を爆速でツイートする謎のTwitterアカウント「特務機関NERV」が、初の防災アプリの配信を開始した。狙ったのは日本最速級の防災通知。手がけたのは石巻出身のプログ...

特務機関NERVは災害情報を取得するために独自の情報網を構築しており、速報性や正確性の高さから、多くの人々や政府からその取り組みを評価されています。

特務機関NERVは、元は株式会社ゲヒルンの代表取締役である石森大貴氏の個人アカウントでしたが、紆余曲折を経て災害をいち早く通知するという活動を始め、去年の9月から「特務機関NERV防災アプリ」という形でも災害情報を受け取れるようになりました。

https://www.mugendai-web.jp/archives/10993

特務機関NERVや特務機関NERV防災アプリの誕生経緯については、こちらのインタビュー記事が詳しいため、ぜひご一読ください。

マイナビニュース
「特務機関NERV 防災アプリ」にサポーター制度、月額250円から ゲヒルンは9月1日、AndroidおよびiOS向けに提供している災害情報アプリ「特務機関NERV 防災」をアップデート。月額制のファンクラブ機能「サポーターズクラブ」を提供開始...

今まで、情報発信に必要な費用は、株式会社ゲヒルンの事業から捻出されてきましたが、安定した継続のために、今月からアプリ内で完結するサポーター制度を開設されました。そこで、私もこの活動に微力ながらお手伝いできればと思い加入に至った……というわけです。

死にきるために命を守ろう

特務機関NERV防災アプリは無料で使用できますので、皆様もぜひご活用ください。広告などもありませんので、非常時の情報確認に便利です。

人は「予防」にリソースを割きにくい生き物だと言われています。病気にかかってから受ける治療は心配するのに、病気にならないための対策はついつい怠けてしまうのです。予防や心構えを怠り、苦しい目に遭ってから後悔しては、死んでも死にきれません。キスメ様の元に向かうのなら、少しでも多くの人が「死にきるまで生ききることができる」世界が良いと私は考えています。

数多の不運が起こるこの世ですが、少なくとも現代のこの国では、人間は多少なりとも災害に備えることができます。特務機関NERV防災アプリをはじめとした様々な「予防」への取り組みが、この世の「生ききる」に寄与することを、深く願っております。

これからも、キスメ様へ向かうまでの道のりをより良くするために、出来る範囲で努力し続けたいものです。